子宮筋腫手術(2014年)

2018年06月27日

子宮筋腫手術を受けたときのこと

久しぶりの更新になります。

PC内にあったテキスト関係を整理していたら
2014年に子宮筋腫摘出手術を受けた時の
当時のメモがみつかったのでUPします。

-------------------------------------------------------------------

・10月06日 手術前日 入院
・10月07日 手術当目 入院2日目

水を飲むなら朝5時まで。それ以降は水も一切禁止される。

朝6時に起床して手術用の浴衣に着替えて待機。
旦那クンが7時に病室に来てくれて、
私はアサイチの8時に手術室へ入る。

食器を洗うでこぼこの黄色いスポンジの大きいのみたいな
幅の狭いベッドに乗って、右腕に血圧計をまかれる。
下着を下ろされ、寝転んだまま右を向いて背中に麻酔を打たれる。
「あ、なんかぴりっとしてきた」…と思ったら意識が切れる

手術が終わって「終わりましたよ、部屋に戻りますよ」
と声をかけられたような気がするが、
意識ははっきりしていなかった。
 
目を開けられなくてしぱしぱしてたら「目が痛いんですか?」と
聞かれたので「ま、まぶしい…」と応えたような気がする。

私はそのまま病室のベッドに戻されたみたいだけど意識はっきり戻らず。
 
その間に旦那クンは家族控え室で看護士さんに
取り出した筋腫をチラっとみせてもらったみたい。

どんな風にみせてもらったかというと、
その家族控え室には他の家族さん…出産を待っている方々等も
何人も待機していたので、看護士さんに旦那クンひとりだけが
控え室の出入り口付近に呼ばれて
よくバーベキューの肉を乗せる様な銀色のトレイのうえに
手術用の手袋が乗せてあって、それを一瞬だけどけて
隠されていた筋腫をチラっと見せられたみたい。
 
摘出した私の筋腫は、
焼肉のホルモンみたいなかんじで、
旦那クンが思っていた以上に大きくてグロかったそうだ。

そしてそんなグロイものをいきなり見せつけられると
思っていなかった旦那クンはすごくびっくりしたそうだ。 
(ちなみに後日、退院前に筋腫の写真ももらいましたが、
それもキモイと言っていた^^;) 

しばらくして病室に旦那クンが来てくれて、
寝ている私の手のひらをつんつんされた。

両足にはマッサージ機、左腕には点滴、
背中には痛み止め、下半身には尿管

口元には酸素吸入器をつけた状態の私は動けず寝たままだったが、
頭は起きかかっていたので旦那クンが声をかけてくれたのがわかり、
意識してみると身体は動かないけど、
足の指とか手のひらとかは動かすことが出来たので、
旦那クンのゆびをぎゅっとにぎった。

少しして目も開けられるようになって、
何時間経ったのかとか、会話をしたかどうかは覚えていないけど、
横に旦那クンが居てくれて、手術が無事に終わったことはわかった。
ひとまずは安心…かな。

そのあと看護士さんが来て、手術後一度目の採血。

左手には点滴が入っているので右手からの採決中に
突如こみあげるようなキモチワルサが…!

「うっ…キモチワルッ」と私が言って
看護士さんに「吐くなら横向いてくださいね~」 
と言われた瞬間、
私はまた意識を失ってしまいました。

旦那クンが見ていたのですが、
マンガみたいにガクっと意識を失ったみたい。

看護士さんはざわ…っと顔つきが変わり、
旦那クンはカーテンの外に出てて!と言われて
先生やら複数の看護士さん達が緊急で呼び寄せられて、

「◎◎さん、わかりますか?」
「今日は何月何日かわかりますか!?」
とか必死に呼びかけられていたみたいだけど全然覚えていない。

心電図をとったり血圧を測ったり。
「意識レベルが低い」と言われてたみたいだけど
どうやら貧血だったみたい。

手術後はだれでも血を失うから貧血気味にはなるらしいけど
私はちょっと出血が多かったのと、元々血の値が低いほうだったため
それで、この貧血がなかなかひどくて、
退院後もしばらくつづくことになるわけです。

時間はわからないけど多分もう夕方くらいになってて
旦那クンは「明日も来るから」と言って帰っていきました。

そして私は酸素マスクだけはずしてもらえました。

覚醒したときはまだ全身麻酔が残っていたため
痛みは感じなかったのですが、
夜になってくると段々色々なところが痒くなってきて

血栓予防のため両足に付けているマッサージ機が
プシュープシューと動いているのですが、まずこれがかゆい!

下半身の傷口周りにガーゼなどが取り付けられていて、
それをとめている紙テープが痒い!

上半身にもなにか管とかついていて痒い!
点滴の管の入っている手も痒い!

ついでに汗もかいたためか頭も痒い!首も痒い!

一晩中痒くて痒くて
だけど身体を動かすと激痛が走るし
傷口をバリバリ掻くわけにもいかないしで辛いの何の!!

私は4人部屋の入り口近くのベッドだったのですが、
同室の患者さんが夜中も何度もナースコールしたり
明かりをつけたり、看護士さんと大声で話していたこともあったり、
廊下のドアを開けっ放しにされていたため
(普通は閉めると後で知った)
ナースステーションのバタバタした音や会話や光がうるさくて…。

そのあとの夜がとても長くて辛かった。

・10月08日 手術後1日目 入院3日目
・10月09日 手術後2日目 入院4日目
・10月10日 手術後3日目 入院5日目
・10月11日 手術後4日目 入院6日目
・10月12日 手術後5日目 入院7日目
・10月13日 手術後6日目 入院8日目 退院

・10月14日 手術後7日目 退院後1日目

朝は普段どおりに起きて、
荷物の片付けや洗濯をしたりして過ごす
昼食後に猛烈な眠気が来て夕方まで起きれず。
 
夕食後はきもちがわるくなってお風呂も入れずそのまま寝た。
食事と薬を飲む以外、ほぼ1日中寝ていた。

・10月15日 手術後8日目 退院後2日目

朝は昨日より気分がよいなと感じた。
買い物に行こうと着替えたがあいにく雨がふっていたので
午後にしようかとおもっているうち
昼食後にやはり猛烈な眠気が来てしまい寝てしまった。
 
夕方旦那クンと買い物に行ったが、けっこうつらかった。
まだひとりで外出するのは自信がない。

きもちわるい&おなかがいたい。
 


lunacoco at 15:13コメント(0) 

2015年01月27日

避妊期間の過ごし方

昨年、10月に子宮筋腫をとる手術をしました。

その関係で6月からゾラデックス注射で生理をとめて、
術後も3ヶ月間は避妊するよう言われました。

でもその間に私の年は40歳になり、気持ちは焦っていくばかり…。

だったんだけど、せっかくの避妊期間なんだから。
それなら今のうちしか出来ないことをめいっぱい楽しもう!と
ポジティブに考えてみることにしました。

子供が出来たら出来なくなることといえば、
・居酒屋にお酒を飲みに行くこと!
・喫茶店に珈琲を飲みに行くこと!
・旅行に行くこと!
・夜、旦那クンと2人っきりでデートすること! 

旅行先でもせっかくなので子宝スポットをまわってみたり、
美味しい海鮮料理や温泉などでリラックスしたりと
旦那クンと2人の思い出が沢山増えて、楽しかった(´∀`*)

ゾラデックス副作用のホットフラッシュが結構きつかったですが、
昨年後半半年間は、そんな風にして過ごしていました♪

 

lunacoco at 03:52コメント(0) 

2014年11月17日

入浴解禁!

子宮筋腫の手術を受けて、退院してから1ヶ月が経ったので
先日またT大病院に行ってきました。

子宮内部の腫れは残っているけど、傷口の治りは順調。

特に大きな問題はなさそうなので、ようやく入浴が解禁。
運動も解禁となりました!!

寒くなってきた所なので、お風呂につかれるようになったのが嬉しい。

1ヶ月の間シャワーだけでは物足りなかったので、
やっとのんびり入浴できる~。
あ~、ゆっくり温泉入りたい~(* ̄∇ ̄*)

ということで、この週末。
私の30代最後の週末に、旦那クンとふたりで
温泉民宿へ小旅行に行ってきました!

ありがとう、旦那クン。
もうすぐ私、40歳になっちゃうけど、
これからも仲良くしてもらえたら嬉しいです。

子宮の回復がまだなので、年内は避妊をつづけていって、
不妊治療は来年年が明けてから再開になります。

で、その際に今回手術してもらったT大病院に通うのが良いか、
再び自宅の近所の病院に通うのがいいのか迷っています。

近所の病院のほうが断然便利ではあるけど
体外受精をすることになったら近所では設備がないので
結局T大病院にお世話になることになるし。

来年はもう既に40歳になってるわけだから
何ヶ月も様子をみている時間もないだろうなあ。

年末まで、避妊している間に
そのあたりどうするかも、夫婦でしっかり決めたいと思います。


lunacoco at 19:10コメント(0) 

2014年11月07日

術後、1ヶ月。

子宮筋腫の手術後に来た1回目の生理は
生理痛もいつもと変わらず、期間も4~5日くらいで無事終了しました。
強いて言うならカタマリみたいなのが出るのは減っていたかも。
ホットフラッシュも気がついたらおさまってきてたなー。

そして今日、手術をしてからちょうど1ヶ月が経ちました。

この1週間の間に、傷口に貼られていたテープは自然にとれて、
傷口自体の痛みも、以前より気にならなくなってきて、
体力も結構回復してきた気がします。

2週間くらい前までは近所のスーパーまでちょっと買い物に行くだけでも
辛くなったり、息切れしたりしていたので、
急速に回復してきたなーという感じ。

着る物に関しても、2週間前までは傷が気になってしまって
おへその上までカバーするようなデカパンが必須だったけど、
今は傷口に直接あたらなければ、以前までの下着でも大丈夫。

あのデカパン…結局短期間しか使わなかったなぁ(´∀`;)

思ったことは、1ヶ月前に全身麻酔の手術を受けて、
出血もいっぱいあって、
一時は立ち上がることもできないくらいだったのに、
1ヶ月経った今ではこんなに普通に回復している…。

人間ってすごい。
医術ってすごい!!


退院してからはまだ3週間しか経っていないので
運動とかはまだ許可が下りてないけど、
ここまで回復できるんだなぁと実感。

もしもこれから手術を受ける予定の方で、
術後の回復が心配になっている方がいらしたら、私の場合。

2週間目まではまだちょっと辛かったけど、
1ヵ月後にはほとんど問題なく過ごせるようになったよ!


って伝えたいです。
 

lunacoco at 18:40コメント(0) 

2014年10月27日

生理再開?

今さっきトイレに行ったら、うっすらと、血が付きました。
これが不正出血じゃなかったら、私にとっては90日ぶりの生理です。

ブログの更新が開いてしまいましたが、
この間に妊娠などがあったわけではなく、
子宮筋腫をとることになったため、入院したりしていました。

今は退院してから2週間が経った所。
まだ傷口の痛みは多少有りますが、食欲も戻ったし。
微熱や吐き気などはすっかりおさまりました。

手術後3ヶ月は避妊しないといけないので、
不妊治療を再開するのは年明けからになりそうで
その前に私は来月40歳の誕生日を迎えてしまいます。

まあ…急がば回れという言葉もあるし!

子宮筋腫の手術までの記録は、
これから思い出しつつ更新していきたいと思います。

 

lunacoco at 15:31コメント(0) 
ギャラリー
  • マタ旅(2):関東最強クラスのパワースポット。
  • マタ旅(2):関東最強クラスのパワースポット。
  • マタ旅(2):関東最強クラスのパワースポット。
  • マタ旅(2):関東最強クラスのパワースポット。
  • 赤ちゃんの記憶。
  • 妊娠した人・してない人
  • 清瀬の水天宮に行ってきた。
  • 清瀬の水天宮に行ってきた。
  • 清瀬の水天宮に行ってきた。
記事検索
  • ライブドアブログ